容姿に関して悩んだ時は美容外科へ行き相談をしよう

理想的な鼻を手に入れる

先生

酸素を取り込む時には鼻から息を吸うことによって酸素が体の中へ供給されます。鼻は人が活動していくために非常に大切なパーツであるといえるでしょう。空気を取り入れる他にも、匂いを嗅ぎ分けることや味覚にも関係してきます。そんな鼻の形について悩んだ人も少なくないでしょう。外国人の違い日本人の鼻はあまり高いといえません。鼻の高さは顔の良し悪しにも大きく影響してくるものなので、できればきれいな方が良いと考えるのが普通といえるでしょう。ピアスが好きな人などでも世の中には多くいます。鼻のピアスは鼻の形が良い人がするとかっこよく見えます。鼻の形一つで良く見えたり悪く見えることがあるので、鼻にもこだわりを持ちましょう。自分の鼻が丸いという場合は銀座の美容外科で鼻を高くしてもらうと良いでしょう。

銀座の美容外科で鼻の悩みを解決するだけの技術と知識をもっています。鼻は周面から見た時に、本来見えないであろう鼻の穴がしっかりと見えてしまったり、小鼻無駄に横に広がっていたりすることがあります。それぞれの特徴は、特定の呼び方などがあるのはご存じの方も多いことでしょう。豚鼻や鷲鼻など多くの呼び名があります。日本人の鼻は基本的に低く丸い人が多いといわれています。しかしこれらの鼻の悩みは銀座の美容外科で簡単に解消することができるでしょう。鼻の形できれいだといわれている鼻は、鼻筋がすらっとしており程よく高い鼻がきれいだといわれています。鼻の高さは少し変えるだけでも、顔全体の印象が変わります。そのくらい鼻は顔に多大な印象を与えているのです。

銀座の美容外科ではプロテーゼを使った治療法で鼻の問題を解決することができます。鼻の低いと顔全体が立体的に見えず、平たい印象を与えてしまいます。しかしそんな低い鼻でもプロテーゼを使った治療を受けることによって高くきれいな鼻にすることができるのです。プロテーゼで治療を行う場合は最初カウンセリングから入ります。カウンセリング自体は無料で行っているところもあるので、気軽に電話で相談をしてみましょう。鼻にプロテーゼを入れる前にまず、局所麻酔を行います。この局所麻酔を行うことによって治療中に痛みを感じることがなく安心して治療を受けることができるでしょう。次にメスを使い特定の部位を少し切開します。
この切開した部分からプロテーゼを入れることになります。この切開をする時は、傷口などが目立たない場所を切開するので、安心できます。切開した場所からプロテーゼを入れ、傷口を縫合すれば終了です。縫合後は傷口は目立たないのは助かります。このプロテーゼによる治療を受けると鼻を永久的に高くし続けることが可能となります。プロテーゼを取り除かない限りはずっと高い鼻を維持することができるので、手術費用も一回払えば済みます。このプロテーゼを入れる施術にかかる時間は40分もかからない程スピィーディーに終わります。ダウンタイムも3日から4日あれば十分といわれているので、仕事にもすぐに復帰することができるでしょう。持続性や施術時間、ダウンタイムなどどれをみても優れている治療法なので鼻を高くしたいと思う人にはおすすめです。